FC2ブログ

*All archives   *Admin

2006.08.30 (Wed)

相性

私が漢方を購入している薬局には、お薬を出してくれる人が三人います。

一人は店長で男性。

もう一人はパートの女性。

あともう一人は店長の奥さん。

店長とパートの方は薬剤師ですが、奥さんは違う。薬種商の免許を持っているのか、見様見真似でやっているのか。


それはおいといて。
私は奥さんとは合わないのです。
いい人なんだけれど、、いまひとつわかっていないっていうか。
何かとせかす人なんですよね。いろいろと話を聞いてくれる方ですが、話をしていて居心地がいいとは感じないのです。

【More・・・】

『何でもいいから、思い切って仕事始めてみたらいいじゃない。』

『漢方はじめてから、病院のお薬は止めたの?そろそろ止めてもいい頃よね。薬に依存している人を何人も見てきているので、できればもう止めたほうが・・』


仕事を始めることがリハビリになるって思ってるのかな。
薬に依存することを心配してくれているのはありがたいですが、私は依存しているわけではないし、漢方でこの病気は治らない。
体質改善にはなるけれど。


ゆっくり、あせらず、でも少しずつトライしていくのがこの病気との付き合い方、三歩進んで二歩下がるのがこの病気の特徴、今飲んでいるお薬は私が元気になるための『手助け』をしてくれているものだと考えています。

今飲んでいるパキシルは脳から出るホルモン『セロトニン』を補うお薬。急にやめてしまうとリバウンドに苦しむことになり、逆に病状が悪化してしまうことだってあるのだ。
心療内科の先生にも『少しずつ薬の量を減らしていきましょう』といわれています。
私の知っている人に、先生にもういいでしょうと言われ薬をやめたとたん、断薬症状に苦しみ、鬱を再発させてしまった人がいます。
薬を飲むことに抵抗があって飲まずに過ごしていたら、鬱病になった方もいらっしゃいます。

◇◇◇

一応医療人の端くれの私としては、仕事に復帰したら、患者さんの気持ちになって、その人のかかえているものをできるだけ理解してあげられるようになりたいです。けして無責任な発言はしないこと。聞き上手になるには年齢と経験を重ねないとできないことなので、今の私にはまだ難しくて無理ですが。

他人のひと言ひと言にこうして反応しちゃう私は やっぱり『病んでる』ってことですよね・・。
それにココまで長々と書いてしまいました

まぁ、私は軽症に見えるから(車を運転して一人で薬局にきているわけだし)そう言ってくれているのかもしれないですよね。

でもそれは、薬が効いているからなんだけど(ーー;
ブログランキング☆ 人気blogランキング メンタルヘルスブログ
10:10  |  病気と健康  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |